CSR(企業の社会的責任)への取組み

社会貢献活動への取組み

金融教育活動

とうほう親子金融教室

とうほう親子金融教室

地域への金融経済教育の普及、また、子供たちにお金の使い方について関心を持ってもらうため、「とうほう親子金融教室」を開催し、1億円体験やお金に関するゲームなどを通じて、お金の大切さを理解していただいております。

エコノミクス甲子園

エコノミクス甲子園

県内の高校生を対象に、全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」福島大会を開催しております。
本大会は、高校生に金融経済の仕組みを楽しく知ってもらうとともに、地域経済の将来を担う人材の育成を目的に開催しており、平成28年度は、県内各地区の高校から、17チーム、34名の高校生が熱戦を繰り広げました。福島県代表チームは、全国大会で6位入賞を果たしました。

福島大学提供講座の開講

福島大学提供講座

福島大学との連携協力協定に基づく教育支援事業として、平成23年より東邦銀行提供講座「地域金融論」を毎年開講しております。当行役職員が講師となり、地方銀行経営や地域金融の役割などについて15回の講義を行っております。

文化・スポーツ振興

東邦銀行陸上競技部による陸上教室等の開催

陸上教室

当部には、短距離種目の日本記録保持者など国内トップアスリートが所属しています。国内外の大会における目覚しい活躍に加え、陸上教室やリレー大会の開催などを通じて地域のスポーツ振興に資する活動を行っております。

大リーガー上原浩治氏による野球教室の開催

野球教室

平成29年1月、未来の福島を担う小中学生に対し、大リーガー上原浩治氏をお招きして、講演会と野球教室を開催いたしました。
子どもたちは、上原選手から野球をプレーする楽しさだけでなく、夢を追いかける大切さや努力の尊さなどを教えていただきました。

オリンピアン萩原智子氏による水泳教室の開催

水泳教室

当行主催により、自然の尊さに気づき、ふるさとへの愛着を学ぶことを目的に、平成28年度より水泳でシドニーオリンピックに出場した萩原智子氏と森の専門家である小野なぎさ氏による、「笑顔プロジェクト 水ケーション」を、県内の小学校において実施しております。
平成29年度は、本宮市の本宮市立本宮まゆみ小学校において開催いたしました。

公益財団法人東邦銀行教育・文化財団

西田記念館

当財団では、県内で活動している文化・スポーツ団体を対象に助成事業を実施しております。
年2回、助成金の募集を行い、年間20~40団体(アマチュア)に対し助成金を交付しております。(平成29年3月末までの助成団体数は約797団体)

助成事業の募集要項・申込書等はこちらから

「原郷のこけし群 西田記念館」の運営

当財団が運営・管理する「原郷のこけし群 西田記念館」(福島市荒井 アンナガーデン内)では、年3回の企画展や小学生対象の「こけし講座」を実施しております。

奨学金事業

・対象は県内在住の高等学校卒業予定者で、4年制以上の大学を希望する方。
・奨学生の募集(学校長の推薦要)は毎年5月予定で、給付金額は年額20万円(返済義務なし)。

奨学金の募集内容について(PDF:111KB)

社会貢献活動

被災地支援活動(熊本応援ボランティア派遣)

熊本応援ボランティア派遣

平成28年5月、熊本地震により甚大な被害を受けた被災地を支援するため、現地に赴き、一日も早い復興に向けガレキ撤去等のボランティア活動を行いました。

子どもへの医療支援

医療支援

福島県立医科大学病院で治療を受ける難病の子どもを看病する家族の宿泊施設である「パンダハウス」の活動に賛同し、家具や調理器具等を贈呈し支援を行っております。

川内マラソンボランティア活動

川内マラソンボランティア活動

当行では、地域社会を盛り上げるため、地域イベント等へボランティアとして積極的に参加しております。
平成29年4月には川内村の復興を願って企画された「第2回川内の郷かえるマラソン大会」にもボランティアとして参加し、沿道での応援演舞、給水スポットでの特産そば振る舞い、子どもへのかき氷振る舞い等でイベントを盛り上げました。

小高地区通学路清掃ボランティア

小高地区通学路清掃ボランティア

平成29年3月に、南相馬市小高区の幼稚園、小学校、中学校が6年ぶりに再開されるにあたり、学校周辺や通学路のごみ拾いや草刈り、小高駅や駐輪場の清掃等を行い、復興のお手伝いをしました。

寄付型私募債による支援

寄付型私募債による支援

お客さまの“福島を応援したい”というご意向に沿って、子どもたちの学びや成長を応援するため、私募債発行手数料の一部を使い、私募債発行企業とともに地域の学校や福祉施設等へ備品等の寄贈を行っております。

卓上型対話支援システム「COMUOON(コミューン)」の設置

COMUOON

窓口にご来店いただくお客さまに、より安心してご利用いただけるよう、窓口担当者の声をより明瞭にして、お客さまの聴こえを向上する卓上型対話支援システム「COMUOON(コミューン)」を東北の地方銀行で初めて全営業店(インターネット支店を除く)に設置いたしました。

社会貢献表彰制度

社会貢献表彰制度

個々人が「良き市民」として汗を流す、個人レベルでの貢献こそが真の社会貢献活動につながるものであるとの考え方に立ち、一人でも多くの人たちに社会貢献活動への理解と参加を促すため、平成5年4月「社会貢献表彰制度」を創設し、従業員および退職者の地域社会への貢献活動を表彰しております。

「小さな親切」運動

紙芝居

当行は、「小さな親切」運動の福島県本部事務局を担当し、福島県内における「小さな親切」運動の普及推進を図っております。
親切な心を育むことを目的に、「小さな親切」実行章贈呈のほか、声優による紙芝居、環境美化運動、エコキャップ収集運動やパンダハウスへの寄付、福島県社会福祉協議会への車椅子の寄贈などを行っております。

CSRへの取組みに対する金利応援

「環境への配慮」「社会的活動への関与」「適切な情報開示」「雇用創出」等のCSRに取組まれているお客さまを対象に、東邦・スーパーローンおよび銀行保証付私募債の金利を最大年0.2%引き下げすることにより、地域社会および地域経済に貢献する活動を積極的に支援しております。

地球温暖化防止

「福島議定書」事業への参加

福島議定書

地域温暖化防止に向け、福島県内の事業所や学校等が取組む「福島議定書」事業において、環境に配慮した店舗・事業所運営に組織的に取組んでいることを評価され、平成28年度は「団体部門賞」を受賞しました。

森林保全活動

「とうほう・みんなの森づくり」の実施

とうほう・みんなの森づくり

福島県が推進する「企業の森林(もり)づくり」制度を利用し、平成21年度より県内においてボランティアの役職員や家族による植林活動(「とうほう・みんなの森づくり」)を展開しております。
平成29年5月に南相馬市、6月に相馬市で津波被害を受けた海岸にクロマツ1,200本の植林を実施いたしました。

自然保護活動

尾瀬の自然環境保護ファンドの販売

尾瀬の自然環境保護ファンド

当行は、単独国立公園となった尾瀬の自然環境を後世まで末永く守るため、自然環境保護ファンドを販売し、収受した信託報酬の一部について財団法人尾瀬保護財団へ寄付を行っております。

東邦銀行について

アクセスランキング