ダイバーシティ推進への取組み

仕事と家庭の両立支援

当行の制度体系および法定体系・サポート体制

積立特別休暇

イクまご休暇

年次有給休暇の未取得分を積み立て利用できる制度です。積立限度日数は120日で、育児・介護・私傷病・ボランティア活動のため1日単位で取得できます。
孫の育児に利用できる「イクまご休暇」は、主にお子さんの出産や育児を手伝うために利用されており、お孫さんが小学校を卒業するまで取得することができます。

時間単位の年次有給休暇・半日有給休暇

年次有給休暇を時間単位(年間5日間40時間を限度)あるいは半日単位で取得することを可能とし、柔軟な働き方と有給休暇取得を推進しています。

短時間勤務制度

勤務時間を4時間・5時間・6時間から選択でき、個々人の実態に合わせた柔軟な取得が可能です。取得対象は、妊娠・育児だけでなく介護や傷病の理由でも制度の利用が可能です。育児については、お子さんが小学校を卒業するまでの期間、介護については、介護に要する期間が取得可能です。

時差勤務

6パターンから柔軟に始業・終業時間を選択できる制度です。

事業所内保育施設

事業所内保育施設

東邦銀行および関連会社の従業員とパートナーが利用できる事業所内保育施設「とうほう・みんなのキッズらんど」を福島市に県内金融機関としては初めて開設しました。
現在は、福島市と郡山市の2ヵ所に設置しています。自園調理を採用し、アレルギーのあるお子さんも安心して利用できます。

両立支援セミナー

復職支援セミナー

育児休業取得者の復職への不安払拭と仕事と家庭の両立についての理解を深めることを目的に、年2回実施しています。お子さんと一緒の参加も可能としています。

介護セミナー

仕事と介護の両立支援の一環として、介護について学ぶセミナーを年1回実施しています。従業員のご家族も参加対象としています。

仕事と育児の両立

西福島支店 太田 梨絵(2003年入行)

長男出産後の1年間育児休業を取得しました。育休から職場復帰した現在は、事業所内保育施設「とうほう・みんなのキッズらんど」に子どもを預けて、8:30から15:30までの短時間勤務をしています。
東邦銀行は、仕事と家庭の両立支援制度が充実しており、支店内でも子育て支援の意識が高く、上司や同僚から子育てのノウハウを教えていただいています。
また銀行業務は多岐に亘り日々の学習が必要で、eラーニングを利用して空き時間に業務内容を学習することで、余裕を持って業務に取り組むことができています。

本店営業部 太田 暁雄(2006年入行)

私は、妻と共働きをしながら、「イクメン」として仕事に子育てに充実した毎日を送っています。最近では、「イクボス宣言」を実施している部店長をはじめ、男性の上司も子育てに対する理解が深く、妻や子どもの体調が悪い時には、早い時間での退行を後押ししてくれます。今後も妻と二人三脚で子育てに積極的に取り組んでいきたいと思います。

太田 理絵 太田 暁雄

イクメンへの取組み

男性の育児休業取得率100%を目指し、育児休業対象者の所属長宛に「推奨文書」と『父親の仕事と育児両立読本』を送付しています。所属長自らが対象者へハンドブックを手渡し育児休業取得の声掛けを行っています。

【男性育児休業取得者推移】

  2012 2013 2014 2015 2016
取得者/出産者 12/39 19/41 22/47 18/48 43/47
男性育休取得率 30.8% 46.3% 46.8% 37.5% 91.5%

※ 当行の育児休業は3年間(子が満3歳になるまで)取得可能です。

※ 男性の育児休業取得促進の取組みを行った結果、取得者が大幅に増加しています。

イクボスへの取組み

イクボス宣言

2015年12月に特定非営利活動法人ファザーリングジャパンが設立した「イクボス企業同盟」に加盟しました。頭取が経営トップとして「イクボス宣言」を行ったほか、全部店長がそれぞれの職場で「イクボス宣言」を実施しています。

「頭取イクボス宣言」はこちらをご覧ください。

※ イクボス企業同盟とは、女性活躍推進やイクメンなど社員が多様化する時代において、イクボスの必要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行って、新しい時代の理想の上司を育てていこうとする企業のネットワークです。

※ イクボスとは、職場で共に働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、部下のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績や結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のことです。

次世代育成支援対策推進法への取組み

認定マーク「プラチナくるみん」

2017年5月に、優良な子育てサポート企業として特例認定「プラチナくるみん」を取得しています。
当行の子育て支援に関する取組みについては、厚生労働省 女性の活躍・両立支援総合サイト「両立支援のひろば」に掲載しております。

健康経営への取組み

東邦銀行では、「人を大事にする経営」の考え方のもと「とうほう・みんなの健康宣言」を制定し、従業員とその家族の心身の健康保持・増進に取り組んでいます。

【とうほう・みんなの健康宣言】

東邦銀行は、“人を大事にする経営”を実践し、ワーク・ライフ・バランスの先進的かつ継続的推進により、従業員およびその家族の心身の健康増進に積極的に取り組みます。

東邦銀行について

アクセスランキング