ダイバーシティ推進への取組み

働き方改革

朝型勤務

朝型勤務

勤務開始可能時刻を6時30分とし、業務の効率化と生産性の向上を図っています。また、働き方の多様化を推進することで、家族との時間を増やし、健康増進にも繋げています。また、毎週水曜日は「活き活きリフレッシュデー」として早帰りを推奨しており、総体で「働き方改革」に取り組んでいます。

フレックスタイム制

2016年8月から従業員自身が日々の始業・終業時刻を決定し、勤務時間を効率的に配分しながら働くことができる「フレックスタイム制」を導入しました。柔軟かつ多様な働き方の促進に取り組んでいます。

勤務間インターバル制度

長時間勤務防止と健康管理に対する意識高揚を目的に、終業時刻から翌日の始業時刻まで11時間以上の休息時間を確保することが望ましいことを規程上に明記しています。

制度休暇の拡充

連続休暇を3日、スポット休暇を1日、合計年間4日追加し、年次有給休暇の取得促進と年間の総勤務時間の短縮を図っています。

総労働時間短縮に向けた時間管理施策

東邦銀行では、従業員の健康増進、ワーク・ライフ・バランスの充実をめざし、計画性のある働き方を通じた生産性向上のため、以下の施策を実施しています。

  • 「活き活きリフレッシュデー」

    毎週水曜日プラス営業日の月5日を早帰りの日とし、メリハリある働き方を勧めています。

  • 「目標退行時刻」

    営業店・本部とも19時を目標退行時刻と設定しています。

  • 「取組み好事例」

    行内イントラネットで時間管理の好事例を発信し情報を共有しています。

  • 「休日勤務の振替対応」

    休日勤務する場合、平日への完全振替休日化を推奨しています。

  • 「生産性の評価」

    行内表彰制度では、多様な働き方や両立支援の取組みを積極的に評価。生産性を評点化する評価方式を採用しています。

プレミアムフライデー

働き方改革を加速化するため、政府と経済界が連携して推進するプレミアムフライデーに賛同。毎月最終金曜日(月中へ振替可)に、フレックスタイム制等を活用し、16時以降早めに退行しワーク・ライフ・バランスを充実させています。家族交流会や職場見学会、職場内コミュニケーションの開催を推奨しています。

福島労働局との包括連携協定

福島労働局との包括連携協定

東邦銀行は、福島労働局と連携強化を図ることにより、地域企業の働き方改革や生産性向上・地方創生を促進するため、「ふくしま『魅力ある職場づくり』包括連携協定」を締結しました。互いに連携して福島県内企業の働き方改革、ワーク・ライフ・バランス、イクボス、ダイバーシティなどを推進することにより、ふくしまの魅力ある職場づくりと、地方創生に貢献していきます。

東邦銀行について

アクセスランキング