とうほう遺言作成サポートサービスとうほう遺言作成サポートサービス

資産承継·遺言内容の検討をサポートします

財産台帳作成

現状把握・分析

納税資金の確認

資産配分案の検討

課題の把握

報告書の作成

とうほう遺言信託とうほう遺言信託

遺言書の作成·保管·執行を行います

公正証書遺言の案文作成

公正役場での証人立会い

公正証書遺言の保管

遺言書の通りに財産分割

とうほう遺言作成サポートサービスは…

 全財産が確認でき、資産承継の準備がスムーズ さらに 遺言信託の申込み手数料無料 遺言執行時も割引

こんな方におすすめ

資産承継や遺言を作成するための準備をしたい。 サポートを受けながら効果的な相続対策をしたい。 面倒を見てくれている子供の配偶者にも感謝の気持ちを伝えたい。 子供がいないので、配偶者が自分の親族と遺産分割協議をしなければならないので心配…。 相続の為に何を準備しておけば良いのか分からない…。 孫にも相続財産を渡したい。 跡継ぎに不動産を相続させたい。 子供は仕事が忙しいので、相続手続きをする時間がないかも…。 資産承継や遺言を作成するための準備をしたい。 サポートを受けながら効果的な相続対策をしたい。 面倒を見てくれている子供の配偶者にも感謝の気持ちを伝えたい。 子供がいないので、配偶者が自分の親族と遺産分割協議をしなければならないので心配…。 相続の為に何を準備しておけば良いのか分からない…。 孫にも相続財産を渡したい。 跡継ぎに不動産を相続させたい。 子供は仕事が忙しいので、相続手続きをする時間がないかも…。

とうほう遺言作成サポートサービスのポイント

お客さまの所有資産の把握·資産承継の考え方を踏まえ現状分析することで、効果的な資産承継·遺言を作成するための準備をすることが可能となります。

資産承継に関する課題を把握することで、遺言のみならず、生前贈与や納税の計画·不動産の有効活用·資産運用も含めた相続対策全般をお考えになるうえでの、きっかけとなります。

「とうほう遺言作成サポートサービス」によるご報告書の提出後は、東邦銀行が相続対策全般のサポートと「とうほう遺言信託」により効果的な資産承継が可能となります。

とうほう遺言作成サポートサービスのポイント

公正証書遺言により、事前に財産の行き先を決められ、ご家族状況に応じた資産配分ができますので、自身の想いを遺言で形にできます。東邦銀行はそのお手伝いをしますので、遺言作成の負担が軽減されます。

公証役場では、東邦銀行が証人として立会いしますので、証人2名を知人などに依頼する負担がなくなります。また、遺言により、ご家族が安心して生活できます。

相続発生後は、東邦銀行が遺言書の通りに相続財産を分割しますので、残されたご家族が相続手続きを行う負担が軽減されます。

遺言を作成しておけば遺言を作成しておけば

遺言者の考えが尊重されます

遺言者の意思で、相続財産を分けることができます。

遺産分割協議が不要

遺産分割協議が不要となり、相続人の負担が軽減されます。

とうほう遺言信託ならとうほう遺言信託なら

遺言作成時には…

東邦銀行が遺言作成のお手伝いをいたします。

作成した遺言は、東邦銀行が相続発生時までお預かりします。

将来の相続発生時には…

東邦銀行が遺言執行者となって金融資産等の相続手続きを行いますので、相続人の負担が軽減されます。

相続が発生して不安になっている相続人のよき相談相手となれます。

相続の権利と遺言信託の効果

ケース①

子供がいる場合

子供がいる場合

相続検討のポイント

  • 相続発生時の手続きは誰が行うのか。
  • 配偶者にどの程度の資産を遺すのか。
  • 子供たちにどのような配分で遺すのか。

相続の割合

相続人 配偶者 子供
法定相続分
(遺留分)
1/2
(遺留分1/4)
1/2
(遺留分1/4)

子供が複数いる場合は、権利を人数で等分することになります。
子供が先に亡くなっていた場合は、その子供(孫)に権利が代襲されます(代襲相続)。

<遺言信託があれば>

  • 妻には自宅、近くの子供には土地・建物、嫁いだ娘には現預金を遺すなど、状況に応じた資産配分ができます。
  • 遺言書の付言事項で、資産配分の理由や感謝の言葉を自分の想いとして伝えることができます。
  • 「子供の仕事が忙しい、離れた場所に暮らしている、子供達が何回も集まるのが難しい」などの場合、子供に代わり東邦銀行が相続手続き(遺言の執行)を行うので、子供は相続手続きの負担から解放されます。

ケース②

子供がいない、親がいる場合

子供がいない、親がいる場合

相続検討のポイント

  • 相続発生時の手続きは誰が行うのか。
  • 配偶者は、義理のご両親と
    遺産分割協議が必要になります。
  • ご両親には遺留分があるため、本人の
    ご兄弟も関与してくる可能性があります。

相続の割合

相続人 配偶者 父母等
(直系尊属)
法定相続分
(遺留分)
2/3
(遺留分1/3)
1/3
(遺留分1/6)

両親が共に健在の場合は、権利を等分することになります。
両親が先に亡くなっていた場合でも、祖父母が健在の場合には祖父母が相続する権利を持っています。

<遺言信託があれば>

  • 事前に資産の受取人を決めておけるので、妻(夫)は義理のご両親との遺産分割の協議が不要になるため、義理のご両親と協議する負担から解放されます。
  • 妻(夫)が、ご多忙やご高齢の場合、東邦銀行が遺言の執行を行うことで、各機関に相続の手続きに行く負担から解放されます。

ケース③

子供がいない、親もいない場合

子供がいない、親もいない場合

相続検討のポイント

  • 相続発生時の手続きは誰が行うのか。
  • 配偶者は、義理のご兄弟姉妹、甥・姪と
    遺産分割協議が必要になります。
  • 相続人数が多くなるため、
    とりまとめが大変です。

相続の割合

相続人 配偶者 兄弟姉妹
法定相続分
(遺留分)
3/4
(遺留分1/2)
1/4
(遺留分なし)

兄弟姉妹が複数いる場合は、権利を等分することになります。
兄弟姉妹が先に亡くなっていた場合は、その子供(甥・姪)に権利が代襲されます(代襲相続)。

<遺言信託があれば>

  • 妻(夫)は、配偶者の兄弟姉妹や甥・姪との遺産分割の協議が不要になるので、負担から解放されます。
  • 兄弟姉妹や甥・姪には遺留分がないため、妻(夫)にすべての財産を渡す旨の内容を遺言に記載すれば、残された配偶者が全財産を相続するので安心して生活できます。

~ご家族や大切な友人へのメッセージ~

付言事項

遺言書にメッセージを遺せます。
大切な方を思い浮かべ、記載できます。

記載例①

私は、妻や子供たちに囲まれ、幸せな日々を送ってきました。
子供たちがそれぞれ家庭を持つようになり、妻と二人で穏やかな日々を過ごしています。私が亡くなった後も、今までのように家族が仲良く生活して欲しいです。
そのためにも、私の財産分けを明確にしておきたく、このような遺言書を残すことにしました。
子供たちは、私の意思をくみ取り、今後は母を助けてそれぞれの家庭を大切にし、充実した人生を送ることを願っています。

記載例②

私の財産はすべて、妻の協力のもと、私が築いたものです。
私には子供がいませんし、私が亡くなった後、妻が安心して生活できるようにしたいので、すべての財産を妻に残すことにしました。
二人で楽しく、仲良く暮らすことができて、とても有意義な人生でした。ありがとう。
これからも健康に気を付けて、楽しい·充実した人生を送ってください。

※付言事項は、法的な拘束力はありませんが、ご家族や大切な人に想いが伝わります。

お手続きの流れ

とうほう 遺言作成サポートサービス

《資産配分の事前検討》

※ お客さまの資産継承・遺言内容の検討をサポートします。

1 財産台帳の作成 財産の一覧を作成し、所有資産の現状を把握します。 2 資産承継の方針検討 ライフプランや資産承継に対する考え方を整理します。 3 現状分析 資産承継の観点から現在の問題点を提起いたします。 4 報告書の交付 検討結果、分析結果をまとめて、報告書にいたします。 1 財産台帳の作成 財産の一覧を作成し、所有資産の現状を把握します。 2 資産承継の方針検討 ライフプランや資産承継に対する考え方を整理します。 3 現状分析 資産承継の観点から現在の問題点を提起いたします。 4 報告書の交付 検討結果、分析結果をまとめて、報告書にいたします。

とうほう 遺言信託

《遺言作成時》

遺言内容の検討 相続財産の配分について決定していただきます。 遺言書の作成 公証役場で、遺言書を作成していただきます。 ●遺言信託のメリット(東邦銀行が以下の手続きをいたします。) ●お客さまの考えに基づき遺言書の文案を作成いたします。 ●公証役場との事前打ち合わせの必要はございません。 ●公証役場での証人として、東邦銀行職員が立ち会います。 遺言内容の検討 相続財産の配分について決定していただきます。 遺言書の作成 公証役場で、遺言書を作成していただきます。 ●遺言信託のメリット(東邦銀行が以下の手続きをいたします。) ●お客さまの考えに基づき遺言書の文案を作成いたします。 ●公証役場との事前打ち合わせの必要はございません。 ●公証役場での証人として、東邦銀行職員が立ち会います。

《遺言保管時》

遺言書の保管 東邦銀行が公正証書(正本)を保管いたします。 定期確認 遺言書の書き直しが必要ないか定期的に確認いたします。 ●遺言信託のメリット(東邦銀行が以下の手続きをいたします。) ●遺言書を厳重に保管いたします。 ●遺言変更のご相談を承ります。 遺言書の保管 東邦銀行が公正証書(正本)を保管いたします。 定期確認 遺言書の書き直しが必要ないか定期的に確認いたします。 ●遺言信託のメリット(東邦銀行が以下の手続きをいたします。) ●遺言書を厳重に保管いたします。 ●遺言変更のご相談を承ります。

《遺言者逝去時》

1 相続人への遺言内容説明 遺言書の内容を相続人にお伝えします。 2 相続財産の調査 遺言書記載の財産を調査して相続財産目録を作成します。 3 ご資産の相続手続き 遺言書の内容に基づき、相続手続きを行います。 4 相続財産のお引き渡し 手続きが完了した相続財産を相続人にお引き渡します。 1 相続人への遺言内容説明 遺言書の内容を相続人にお伝えします。 2 相続財産の調査 遺言書記載の財産を調査して相続財産目録を作成します。 3 ご資産の相続手続き 遺言書の内容に基づき、相続手続きを行います。 4 相続財産のお引き渡し 手続きが完了した相続財産を相続人にお引き渡します。
●遺言信託のメリット(東邦銀行が以下の手続きをいたします。) ●相続人全員に遺言内容をお伝えします。 ●金融機関等に財産の調査をいたします。 ●遺言書の内容に基づき相続手続きをいたします。 ●遺言信託のメリット(東邦銀行が以下の手続きをいたします。) ●相続人全員に遺言内容をお伝えします。 ●金融機関等に財産の調査をいたします。 ●遺言書の内容に基づき相続手続きをいたします。
TOP