東邦Alwaysカード<VISA>会員の皆さまへ

東邦Alwaysカード<VISA>会員規約改定のご案内

平成25年4月30日(火)より、東邦Alwaysカード<VISA>会員規約を改定いたします。
変更内容として、以下主な変更点をご案内いたしますので、ご高覧いただきますようお願い申し上げます。
なお、会員規約の改定によるご利用方法の変更はございません。

東邦Alwaysカード<VISA>会員規約の主な変更点

改正犯罪収益移転防止法への対応
  • 1. 取引時確認事項の追加 これまでの氏名・住所・生年月日などに加え、取引目的・職業が取引時確認事項として追加となりました。またこれらの確認手続きは申込時に完了させていただく必要があることから関連条文についても変更させていただきました。
    (第51条・第55条)
  • 2. 取引目的の明記 会員規約内に、ショッピング利用およびキャッシング利用の場合の「取引目的」を明記いたしました。
    (第5条・第28条)
  • 3. 高リスク取引に対する対応の明記 「なりすまし」や「虚偽の申告」の疑いがある場合の対応について、明記いたしました。
    (第5条・第9条・第16条・第28条)
信用情報登録機関について 信用情報登録機関の移転に伴う住所の記載変更等を行いました。
割賦販売法で定める用語の使用 使用文言の一部を割賦販売法に定められている用語へ変更いたしました。

その他、会員規約改定にあわせて、各種関連サービスの規約・特約を追加掲載いたしました。

平成25年4月30日から東邦Alwaysカード<VISA>の会員規約は以下の通りとなります。

第1章

第2章

第3章

第4章

その他

平成25年4月29日までの東邦Alwaysカード<VISA>の会員規約は以下の通りです。

第1章

第2章

第3章

第4章

その他

以上

Get adobe reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。

便利につかう

アクセスランキング