ニュースリリース

2015/11/13

TSUBASAプロジェクト参加5行による株主優待制度の優待品(地場特産品)連携企画について

 東邦銀行(頭取 北村 清士)、千葉銀行(頭取 佐久間 英利)、第四銀行(頭取 並木 富士雄)、中国銀行(頭取 宮長 雅人)、伊予銀行(頭取 大塚 岩男)のTSUBASAプロジェクト(※)参加5行は、平成28年度より株主優待制度における優待品の連携企画を実施いたします。

 本企画は、株主優待制度の充実と地場特産品のPRを目的として実施するもので、各行の株主優待カタログに、別冊として自行以外の4行の地場特産品を掲載いたします。

 優待品の種類が増えることで、株主の皆さまに選ぶ楽しさを存分に味わっていただきたいと考えております。

 なお、第四銀行、中国銀行については本企画にあわせ株主優待制度を新設する予定となっており、5行が揃って平成28年度より本企画を実施してまいります。

(※)TSUBASAプロジェクトについて

 平成20年3月にスタートしたシステム共同化を検討するプロジェクトで、現在7行(千葉銀行、第四銀行、中国銀行、伊予銀行、北國銀行、北洋銀行、当行)が参加しています。基幹系システムや各種サブシステムの共同化のほか、システム以外の分野においても人材交流や情報交換などを実施しており、さまざまな連携について協議を進めています。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング