ニュースリリース

2017/10/10

基幹システム「PROBANK」の更改について

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)は、基幹システム「PROBANK」(プロバンク)を、平成29年10月10日(火)から最新のハードウェアに更改し、稼働しましたのでお知らせいたします。

 システム更改にあたり、10月7日(土)から10月9日(月)までの3日間、ATMなど全てのオンラインサービスを休止いたしました。

 お客さまには、大変ご不便をお掛けいたしましたが、ご理解とご協力を賜りましたこと、厚く御礼申しあげます。

 新システムへの更改は、バックアップシステムの高度化などにより災害発生時においても全店舗を対象に被災前と変わらぬオンライン稼働を実現するなど、業務継続対策の強化等を目的としております。また、新システムは最先端の安全性と堅牢な設備を備えたデータセンターを利用しています。

【新たなシステムの特徴】

1.災害発生時のバックアップシステムの稼働を全店、全業務に拡充

2.災害発生時のバックアップシステム稼働時間を24時間へ拡大
(現状8時~19時の11時間)⇒コンビニATMも平時と同様に24時間稼働

3.災害発生時のバックアップシステムによる業務再開を大幅短縮
(現状24時間から最短4時間以内へ短縮)

4.システム基盤の共同化等によりシステム運用費用を圧縮

 今後も引き続き、新システムの安定した運用に努め、より一層、お客さまの様々なご要望にお応えしてまいります。

以上

ニュースリリース

アクセスランキング