<東邦>NISA口座開設 お申込み手続き

NISAのご案内

NISAとは・・・

  • NISAとは2014年1月開始の「少額投資非課税制度」のことです。毎年120万円を上限とする新規購入分を対象に、その配当金や売買益等を最長5年間非課税にする制度です。
  • 平成28年1月より上限が100万円→120万円に引き上げられました。
  • NISAはイギリスのISA(Individual Savings Account)を参考に導入された制度で、イギリスでは国民の約4割がISAを利用し、広く国民の資産形成・貯蓄の手段として定着しています。

    NISAとは

  • 当行でNISAの対象となる商品は株式投資信託です。

NISAのポイント

NISAのポイント

  • ※非課税の対象はNISAを通じて購入いただいた株式投資信託の分配金・売却益です。
  • ※投資を開始できるのは2014年~2023年の10年間です。
  • ※投資を開始する年の1月1日現在で満20歳以上の日本居住者です。
  • ※上記ポイントは少額投資非課税制度(愛称:NISA)のすべてを表すものではありません。

NISAのイメージ

NISAのイメージ

NISAのご留意事項

NISA口座の開設について

  • 一般口座または特定口座をお持ちの方が、NISA口座を開設することができます。
    ※一般口座、特定口座は投資信託取引用の口座で、預金口座ではありません。
  • NISA口座は全金融機関で1人1口座の開設が可能です。複数の金融機関に同時に開設することはできません。
    但し、平成27年1月からは1年に1回に限り金融機関の変更が可能となりました。
  • 既に保有しているファンドをNISA口座に移すことはできません。

NISAの非課税投資枠について

  • ファンドを売却した場合、購入する際に使用した非課税投資枠は再利用できません。
  • 使用しなかった非課税投資枠は、翌年以降に繰り越すことはできません。

NISA口座での分配金について

  • ファンドの分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)はそもそも非課税であり、NISAによるメリットを享受できるものではありません。
  • ファンドの分配金の再投資は、その年の非課税投資枠の対象となります。

NISA口座での損失について

  • NISA口座での損失は、特定口座や一般口座で保有するファンドの売却益や分配金等との損益通算はできません。

NISA非課税期間終了時の取扱について

  • NISA口座から特定口座や一般口座へ移管する場合、ファンドの取得価額は、その時点の時価となります。

NISAでの積立投信の取扱について

  • 当行の特定口座または一般口座で積立投信をご契約いただいているお客さまが、NISA口座で引き続き積立投信のご継続を希望される場合は、別途お手続きが必要となります。詳しくは窓口にご相談ください。

NISA投資信託口座のお申し込み

下記の項目がすべてはいの場合にお申込みいただけます。

既に当行に投資信託口座(特定口座、または一般口座)を開設していますか?

  • はい
  • いいえ

既に金融機関にNISA口座を開設しておりません。

  • はい
  • いいえ

今年1月1日の時点で、20歳以上でしたか?

  • はい
  • いいえ

今年1月1日の時点で、日本国内に居住していましたか?

  • はい
  • いいえ