「継承ジャパン投資事業有限責任組合」設立について

2020年11月30日

 東邦銀行(頭取 佐藤 稔)は、TSUBASAアライアンスに加盟する株式会社千葉銀行、株式会社第四銀行、株式会社中国銀行、および独立行政法人中小企業基盤整備機構、ロングブラックパートナーズ株式会社の子会社であるLBPI株式会社と共同で、「継承ジャパン投資事業有限責任組合(以下、本ファンド)」を設立しましたのでお知らせいたします。

 本ファンドは、地域の事業者さまの円滑な事業承継を実現することを目的に設立されました。
 新型コロナウイルス感染拡大により経営環境への影響が懸念される状況下、本ファンドは、積極的なハンズオンにより経営に深く関与することで円滑な事業承継の実現をサポートいたします。
 また、本ファンドは、TSUBASAアライアンスによる連携の一環であり、投資先の発掘、企業価値向上等の一連のファンド運営において、営業拠点の異なる11行の広域ネットワークを活用してまいります。

 当行は、今後も本ファンドの活用等を通して、地域の皆さまの円滑な事業承継をサポートするとともに、地域の成長に向け、より一層取組んでまいります。

【本ファンドの概要(2020年11月30日現在)】

名称 継承ジャパン投資事業有限責任組合
設立時ファンド金額 35億5千万円(うち当行出資額2億円
組合員構成 当行、千葉銀行、第四銀行、中国銀行、独立行政法人中小企業基盤整備機構、LBPI株式会社
設立日 2020年(令和2年)11月30日
存続期間 10年間
業務運営者 LBPI株式会社

以上