「株式会社北斗電気設備工事」様 発行のとうほう・ふるさと総活躍応援私募債の受託及び寄贈式について(地域貢献 寄付型私募債)

2020年09月25日

 東邦銀行(頭取:佐藤 稔)は、2019年12月25日(水)に株式会社北斗電気設備工事様が発行した「とうほう・ふるさと総活躍応援私募債」(注)の受託に伴い、以下の内容で寄贈式を開催することとなりましたのでお知らせいたします。

 当行では、地域の発展と成長につながるサービスの提供に努め、今後も引き続き私募債の受託を積極的に推進し、地元企業の発展に貢献してまいります。

  • (注)
    「とうほう・ふるさと総活躍応援私募債」は、一定の財務基準を満たし、かつ私募債の発行を通じて地域の活性化を支援する主旨にご賛同いただいた法人のお客さまを対象とした私募債です。当行がお客さまからいただく手数料の一部で地域の学校や施設等への寄贈を行います。なお、寄付型私募債(とうほう・ふるさと総活躍応援私募債)の取扱開始以降、2020年8月末日現在で寄付型私募債は累計237件/267億円を受託しております。

 

【発行企業及び私募債概要】

発行企業名 株式会社北斗電気設備工事
代表者 代表取締役 菅野 一徳
所在地 相馬市磯部字大浜236
事業内容 太陽光発電設備保守管理業務
発行額 5千万円
企業の特徴
  • 株式会社北斗電気設備工事様は、相馬市磯部にて太陽光発電設備の保守管理業務を行っております。
  • 代表の菅野氏は、震災後、相馬市磯部にて津波被害を受けた土地の再活用として開始されたメガソーラー事業において、当初からプロジェクトの中心となり開発を進めてまいりました。
  • 相馬市磯部に構える本社には、「絆カフェいそべ」をオープンしており、震災被害を受けた地域住民の絆を深め、地域を明るくするための活動も行っております。
  • 今後も、震災被害を受けた地域への貢献と恩返しを念頭に、事業に取り組んでいく方針を掲げております。

 

【寄贈式の概要】

日時 2020年9月29日(火) 午後1時30分~
場所 福島県立小高産業技術高等学校(南相馬市小高区吉名玉ノ木平78)
出席者

<寄贈先>
福島県立小高産業技術高等学校   校長 鈴木 稔 様

<寄贈指定者>
株式会社北斗電気設備工事     代表取締役 菅野 一徳 様

<寄贈者>
株式会社東邦銀行         執行役員原町支店長 澤田 誓

寄贈品
  • アジャストサポート&ネットセット 7点
  • 卓球ボールセット 11点

以上