新型コロナウイルス感染症対策に係る用品の寄贈について

2020年06月16日

 株式会社東邦銀行(頭取 北村 清士)は、日本エンコン株式会社(代表取締役 山内 成弘、以下、「日本エンコン」)様と、新型コロナウイルス感染症対策に係る用品を、福島県へ寄贈することとしましたのでお知らせいたします。

 現在、医療業界において新型コロナウイルス感染症対策に係る備品の調達が大きな課題となっております。このような状況を踏まえ、当行及び当行お取引先である「日本エンコン」様が連携し、新型コロナウイルス感染症対策に係る用品を寄贈いたします。なお、本用品の内、アイソレーションガウンとフェイスシールドは、「日本エンコン」様が南相馬市本社工場で製造したものです。

 今後も当行は、地域金融機関として地域医療の充実に貢献するとともに、金融仲介機能の発揮を通じ、新型コロナウイルス感染症の影響を受けられたお客さまの支援に全力で取り組んでまいります。




1.寄贈品

アイソレーションガウン(医療用ガウン)   2,000着
フェイスシールド              1,000個
ニトリルゴム手袋              2,000枚(1,000双)


2.寄贈先

福島県(福島県新型コロナウイルス感染症対策本部)


3.寄贈者

日本エンコン株式会社(本社:福島県南相馬市原町区下太田字川内迫320-10)

株式会社東邦銀行


4.寄贈式

  • (1)
    開催日時 2020年6月17日(水)10:00
  • (2)
    場所   福島県庁知事室
         福島市杉妻町2番16号

以上