福島県信用保証協会における信用(変更)保証書の電子化について

2021年06月30日

 東邦銀行(取締役頭取 佐藤 稔)は、福島県信用保証協会(会長 畠 利行)と連携し、2021年7月1日(木)より、信用保証制度における信用(変更)保証書(以下、信用保証書)の電子化対応を開始しますので、お知らせします。

 現在、金融機関は信用保証協会が発行する信用保証書を郵送や訪問による手渡しにて受領しています。

 今回、東邦銀行は、福島県信用保証協会の信用保証書を電子データで受け取れる仕組みの運用を開始しました。これにより、ペーパーレスかつ業務を非対面化するとともに、信用保証書の受領までの時間を短縮して、企業への資金供給をより一層迅速化することができます。

 電子化されたデータは暗号化技術を用いた高いセキュリティ性を確保しており、情報漏洩や信用保証書の紛失リスクなどを軽減できます。

 なお、福島県信用保証協会と金融機関による信用保証書の電子化対応は、県内では今回が初めてです。

 東邦銀行は今後も、関係機関と連携しながらお客さまの多様な資金ニーズに応え、円滑な資金調達に向けた取組みを進めてまいります。

◆関連するSDGs

とうほうSDGs宣言

以上