お金の色分け

ご自身のライフプランに合わせてしてみましょう。

ご自身のライフプランに合わせて色分けしてみましょう。

投資信託の基礎知識

投資信託とは・・・

投資信託とは・・・

「投資信託」は、お客さまからお預かりした資金をまとめて、運用会社が国内外の債券・株式・リートなどに投資する仕組みの金融商品です。専門家のノウハウや情報力を活用しつつ、手軽に「分散投資」の効果も期待できます。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み

投資信託のメリット ~このようなお考えをお持ちのお客さまに~

投資信託のメリット

投資信託のさまざまなタイプ

投資信託のさまざまなタイプ

投資信託を選ぶポイント

投資信託を選ぶポイント

投資信託のリスクとリターンについて

投資信託のリスクってなに?

価格 変動リスク

投資する株式やリート等は、経済動向などで日々価格が変動するため、お受け取り金額が投資元本を下回ることがあります。

価格 変動リスク

信用 信用リスク

投資する株式、債券及びリート等を発行している発行体の信用力の変化によって、価格が変動するため、お受け取り金額が投資元本を下回ることがあります。

信用 信用リスク

為替 為替変動リスク

外貨建て商品の場合、円とドル、円とユーロなどの為替相場の影響によって価格が変動するため、お受け取り金額が投資元本を下回ることがあります。

為替 為替変動リスク

金利 金利変動リスク

世界の金利は日々変動しています。金利が上昇(低下)すると、債券価格は低下(上昇)するため、お受け取り金額が投資元本を下回ることがあります。

金利 金利変動リスク

収益性 収益性リスク

景気動向や不動産の需給の影響により、賃料や稼働率が下がり収益が減少すると、それに伴い投資信託の基準価額は下落し、投資元本を下回る(元本割れ)ことがあります。

収益性 収益性リスク

カントリー カントリーリスク

投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、取引に対して新たな規制が設けられた場合には、基準価額が下落したり、方針に沿った運用が困難になることがあります。

カントリー カントリーリスク

投資信託のリターンってなに?

投資信託には値動きがありますが、値動きのもととなる要因は大きく分けて以下の3つです。

投資信託のリターンってなに?

「リスク」と「リターン」とは?

「リターン」とは、投資から得られる収益のことです。「リスク」とは一般的に「危険」という意味ですが、投資の世界では、「価格変動の大きさ(ブレ)」を意味します。リスクの大きさは「標準偏差」という数値で表され、数値が大きいほど価格変動が大きく、小さいほど価格変動が小さいことを示しています。

平均リターン3%、標準偏差(リスク)4%のイメージ

平均リターン3%、標準偏差(リスク)4%のイメージ
標準偏差

標準偏差とは、データのばらつき具合を表す数値の一つです。投資信託では、価格変動リスクの度合いを示す指標として使われます。基準価額のぶれ幅が大きい、つまり標準偏差が大きいと、それだけリスクが高いことを示しています。
例えば、ある資産の過去の値動きから、平均リターンは年率3%、標準偏差(リスクの大きさ)は年率4%と計算されたとします。そうすると、この資産は過去さまざまな価格変動があったものの、1年間では概ね(※)プラス7%からマイナス1%(リターン3%±標準偏差4%)に収まるような値動きをしたということが分かります。
※「概ね」とは約68.3%の確率を指します。

TOPICS

シャープレシオ

リスクとリターンの両側面を捉えた指標として、ファンドのパフォーマンスを比較する場合に広く用いられています。「安全資産のリターンをどの位上回ったかを示す超過リターン」を「リターンの変動度合いを示す標準偏差」で割ることで、リスク1単位当りの超過リターンの量を求めます。計算式:(平均リターン-安全資産利子率)÷標準偏差。安全資産利子率には日本では無担保コールレートなどを使用します。

リスク(ブレ)を抑える投資の方法

1.「資産分散」

複数の異なる金融商品を組み合わせる。

一般的には、保有する金融商品の種類を増やすほど、一度に値下がりする危険性は小さくなるといわれています。一つの資産が値下がりしても、残りの資産が順調ならば、その分をカバーすることができるからです。

複数の異なる金融商品を組み合わせる。

2.「時間分散」

投資信託を購入する時期を分散。

安い時に買って高い時に売る。理想ではありますがプロでもなかなかうまくできるものではありません。そこで一度にまとめて購入して投資するのではなく、一定額を定期的に購入すると価格が安い時に多く、価格が高い時に少しだけ購入できることから平均購入単価を低く抑えることができます。

投資信託を購入する時期を分散。

収益分配金について確認する

資産と分配金の関係

投資信託の分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。なお、分配金の有無や金額は確定したものではありません。

資産と分配金の関係

分配金と基準価額の関係

分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益及び評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。

分配金と基準価額の関係

投資者(受益者)のファンドの購入価額によっては、分配金の一部ないし全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンドの購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。

分配金の一部が元本の一部払戻しにそうとうする場合 分配金の全部が元本の一部払戻しにそうとうする場合

コア・サテライトで運用する

こんな風に考えたことはありませんか?

こんな風に考えたことはありませんか?

中長期で資産を育てていくための基本戦略があります。
『コア・サテライト運用』をご存知ですか?

  • コア・サテライト運用とは、安定的に運用する『コア』部分と、積極的に運用する『サテライト』部分を分けて考えるものです。
  • 『コア部分』で中長期的な安定収益を期待し、『サテライト部分』では投資タイミングを図りながら比較的高いリターンを目指して運用するものです。
コア・サテライト運用

『コア』『サテライト』にはそれぞれ役割があります。

『コア』と『サテライト』にはそれぞれ役割があります。

「守り」の資産と「攻め」の資産について

「守り」の資産と「攻め」の資産について

まずはコア(中心)運用から始めてみましょう!

まずはコア(中心)運用から始めてみましょう!

投資信託の手数料・注意点

手数料について

  • ご購入から換金時までにお客さまにお支払いいただく費用・手数料は以下の合計になります。
    購入時 申込手数料(直接的) 投資信託を購入する際、販売会社に支払う手数料です。「契約締結前交付補完書面(ファンドカタログ)」でご確認ください。
    運用期間中 信託報酬(間接的) 投資信託の運用・管理等の対価として信託財産の中から販売会社、運用会社、信託銀行に支払う報酬を言います。計算期間を通じて日々、費用計上され、基準価額に反映されています。
    その他(間接的) 売買委託手数料(運用する株式等の売買に際し証券会社に支払う手数料)、監査費用(投資信託の運用・管理が適正に行われているか監査を受ける為の費用)などがかかります。
    換金時 信託財産留保額(直接的) 投資信託を解約される受益者の解約代金から差し引いて、残存受益者の信託財産に繰り入れる金額のことです。
  • 投資信託は預金保険制度の対象外です。また、当行が取り扱う投資信託は、投資者保護基金制度の対象外です。
  • 当行は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は運用会社が行います。
  • ご契約の際は、目論見書・契約締結前交付補完書面をお渡しいたしますので、必ずご覧いただき、よくご確認の上、ご自身でご判断ください。

インターネット投資信託について

  • お申込み手続きは窓口にて申込用紙にご記入いただくだけです。詳しくは窓口にお問い合わせください。月額利用手数料はかかりません。

お申込み・ご相談・お問合せ

お近くの店舗でお気軽にご相談ください。

下記の電話番号にお気軽にお問い合わせください。

金融商品に関するお問い合わせ先

フリーダイヤル0120-104-150

ご利用時間 9:00~17:00(銀行休業日を除く)