フィッシング対策ソフト<PhishWall>インストールのお願い

フィッシング(Phishing)って?

金融機関などを装ったニセの電子メールを送り、その金融機関とは全く関係のないニセのウェブサイト(ホームページ)のリンク(URL)を電子メールに記載しアクセスさせ、住所・氏名・口座番号・暗証番号等のお客さまの情報を不正に取得しようとする犯罪行為です。
詳しい内容やフィッシング犯罪の最新事例につきましては、「フィッシング対策協議会」のホームページをご覧ください。

フィッシング(Phishing)に遭わないためには?

<東邦>では、お客さまをフィッシングの被害から守るため、株式会社セキュアブレインのフィッシング対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)」を導入しています。
お客さまは無料のPhishWallクライアントをインストールするだけで、当行のホームページにお客さまが接続している間は、ブラウザのツールバーに緑のシグナルが表示され、接続中のホームページが本物であることを簡単に、一目で確認できます。
インターネットバンキングを安心してご利用いただくために、ぜひPhishWallクライアントをインストールしてください。
インストール後は、下記図のようにWebブラウザにPhishWallのツールバーが追加されます。(下記図はイメージですので、実際の表示とは異なります。)

※ PhishWallが最初からインストールされているパソコンもございます。下記図のPhishWallツールバーが既に表示されている場合はインストールの必要はございません。

緑色のシグナルが表示されれば安全です

シグナルの種類
:PhishWall対応サイトの時、表示されます。 判定:○
:PhishWall未対応サイトの時、表示されます。 判定:△
:PhishWallが危険と判断した際、表示されます。 判定:×
機能概要
  • Webサイトの安全レベルをシグナルで表示
  • フィッシングサイトの検出
  • Webサイトが存在する国の国旗と国名を表示
  • PhishWall対応サーバの場合にはその業種や社名を表示
  • 正しいサーバ名を表示
簡単インストール
  • 面倒な設定はありません
  • パソコンの再起動は必要ありません

    ※ ブラウザの再起動は必要です。

  • 約30秒で終了します

    ※ ネットワークの速度によって変わります。

対応環境
  • 対応OS:Windows10/8.1/7

    ※ 最新のサービスパックが必要です。

  • 対応ブラウザ:InternetExplorer11

フィッシング詐欺にご注意ください

銀行等の金融機関からの電子メールを装い、「暗証番号・ログオンパスワードの確認」という内容で暗証番号やログオンパスワード等をお聞きしたり、金融機関の公式ホームページに似せた虚偽のホームページにアクセスするように仕向けて、そのページにおいて個人情報(暗証番号、ログオンパスワード等)を入力させる等を行う電子メール詐欺が発生しています。
当行が、電子メールで暗証番号や各種パスワード、クレジットカード番号等の個人情報をお聞きしたり、お知らせしたりすることは一切ございません。このような不自然な電子メールをお受け取りになった場合は、直ちに削除してください。また、虚偽のホームページへ暗証番号等の個人情報を入力されたり、電子メールにて回答されたりしないようにご注意ください。

インターネットバンキング(個人のお客さま)

アクセスランキング

セキュリティツールセキュリティ強化のためにインストールをお願いします。

  • Secure Starter