会社情報

コーポレート・ガバナンス

 当行グループは、企業理念である社会的使命「地域を見つめ、地域とともに」、経営姿勢「お客さまの満足のために」、行動規範「新しい感覚と柔軟な発想をもって」のもと、法令等遵守の徹底、健全な業務運営の確保および揺るぎない信頼性の確立を図っております。
 また、グループの持続的な成長および中長期的な企業価値の向上を図る観点から、次の基本方針に沿って、実効的なコーポレート・ガバナンスの実現に取り組んでおります。

内部統括に関する基本方針(項目)

コーポレート・ガバナンス体制

(2018年6月22日現在)

機関の内容

 当行は2018年6月22日開催の第115回定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査等委員会設置会社へ移行しております。
 監査等委員会設置会社への移行により、コーポレート・ガバナンスをさらに充実し、企業価値の向上に取り組んでまいります。
 取締役会は、有価証券報告書提出日現在において、監査等委員である取締役以外の取締役13名(社外取締役2名)、監査等委員である取締役6名(社外取締役4名、うち女性1名)の計19名で構成され、原則毎月2回開催しております。取締役会は、経営方針・コンプライアンス・リスク管理等に関する基本方針の決定など、法令および定款に定める事項や経営上の重要事項を決定するとともに、各取締役の職務執行状況を監督しております。
 監査等委員会は、監査等委員である取締役6名(うち社外取締役4名)で構成され、原則毎月2回開催し、業務執行に対する監督機能を担うとともに、各取締役の職務執行を監査しております。
 また、意思決定の迅速化を図る観点から、役付取締役からなる常務会を設置し、取締役会から委任された業務執行等の決定、業務執行にあたっての重要な審議等を随時行い、より質の高い経営執行体制・経営管理体制を構築しております。加えて、執行機能の充実・強化を図る観点から、執行役員制度を導入しており、取締役会で選任された執行役員が責任をもって担当部門の業務執行に当たる体制としております。

東邦銀行について

アクセスランキング