会社情報

ごあいさつ

取締役頭取 北村清士

 皆さまには、日頃より東邦銀行グループをご利用、お引立ていただきまして、誠にありがとうございます。
 おかげさまで、当行は昨年11月4日に創立75周年を迎えることができました。これもひとえに、お客さま、地域の皆さま、株主の皆さまの永きに亘るご支援の賜物であり、役職員一同、心より感謝申しあげます。
 さて、当行の主要な営業基盤である福島県内の経済につきましては、東日本大震災からの復旧・復興に向けた取組みが続くなかで、住宅投資と公共投資が高水準で推移いたしました。また、個人消費も良好な雇用・所得環境などを背景に持ち直しつつあるなど、緩やかな回復基調を続けました。
 このような中、当行は目指すべき銀行像である「大きく・強く・たくましく」の実現に向けて、中期経営計画「とうほう“サミット”プラン」~裾野を広く・山を高く~(計画期間:平成27~29年度)に取組んでおります。
 中期経営計画では「ふくしまの“復興から成長”への貢献」「お客さまから選ばれる銀行づくり」「持続可能な企業体質の確立」を基本方針に掲げ、引き続き地域企業への円滑な資金供給や地域の創生・発展への貢献、次世代を担う若手経営者の支援など、様々な取組みを進めております。加えて、山形県に米沢支店を新設したほか、復興支援の観点から臨時休業店舗のうち楢葉支店、小高支店を避難指示解除後速やかに営業再開するなど、お客さまの利便性向上にも積極的に取組んでおります。
 また、今後発展が期待されるフィンテック分野への取組みを加速させるため、当行が加盟しているTSUBASAアライアンス参加行と日本アイ・ビー・エム株式会社との共同出資会社「T&Iイノベーションセンター株式会社」を設立するなど、TSUBASAアライアンス参加行と幅広い分野で連携しながら、さらなる商品・サービスの充実に努めております。
 私ども東邦銀行グループは、コーポレート・メッセージ「すべてを地域のために」の理念のもと、地域経済・社会の発展に貢献することを使命とし、ふるさと「ふくしま」とともに歩み続けてまいります。
 今後とも、より一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

平成29年1月 取締役頭取 北村清士

東邦銀行について

アクセスランキング