外貨預金

外貨預金の普通預金・定期預金をご利用いただけます。

Point1

個人、法人を問わず、また金額に制限なくご自由にお預け入れいただけます。

外貨をお持ちでない方は、円を外貨に交換してお預け入れいただけます。

Point2

円預金より高い水準の金利が期待できます。

日本国内の金利が低い時に、円預金より高い水準の金利で運用できます。

Point2

「為替差益」を期待できます。

お引き出し時の為替相場がお預け入れ時より円安となってる場合、為替差益を獲得できます。

外貨預金とは

外貨預金とは、外国通貨建てで預け入れ、かつ、お利息も外貨で付される預金です。
米ドル・ユーロ・オーストラリアドルの3つの通貨からお選びいただけます。

外貨預金の仕組み

適用相場(TTS・TTB)について

外貨預金のお取引に適用される為替レートは、当行所定のTTSレート、TTBレートの適用となります。
外貨に預け入れるときと、円貨に戻すときの為替相場には差があります。

たとえ為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料がかかるため、預け入れたときの円貨額より引き出すときの円貨額が少なくなり、元本割れを起こすことがあります。

  • 米ドルの場合:片道1円、往復2円、ユーロの場合:片道1円50銭、往復3円、オーストラリアドルの場合:片道2円、往復4円の差があります。
  • お預け入れ時の為替相場(TTS)より、お引き出し時の為替相場(TTB)が上記手数料を超える円安となれば為替差益を得ることができます。

    当行所定の適用相場は、テレビや新聞で報道されている銀行間市場で取引される為替レートとは異なります。

    為替相場が大きく変動した場合、諸事情により外国為替市場が閉鎖された場合など、お取扱いできない場合があります。

外貨預金に関する注意事項

元本割れリスクについて

外貨預金は、外国為替相場の動向により、お受け取りの外貨の円換算額が当初作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

為替相場に変動が無い場合でも、往復の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1オーストラリアドルあたり4円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

費用・手数料等の負担について

  • 円貨からのお預け入れ、外貨から円貨へのお引き出しの際には、手数料(片道で1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円、往復ではその2倍の額)がかかります。
    手数料は、お預け入れ時に円貨から外貨に替えるレート(TTSレート)と、お引き出し時に外貨から円貨に替えるレート(TTBレート)に含まれております。
  • その他、外貨現金でのお預け入れ、外貨現金でのお引き出しの場合(米ドルのみの取扱となり、ユーロとオーストラリアドルの場合はご利用いただけません)などにも所定の手数料がかかりますので、ご確認願います。

預金保険について

  • 外貨預金は預金保険の対象外です。
  • そのため、預金保険事故の発生など当行の信用状況によっては、お客さまが損失を被るリスクがあります。

クーリングオフ

  • 外貨預金のお取引は、クーリングオフの適用はありません。

お問い合わせ先

電話で相談する

金融商品に関するお問い合わせ先

平日9:00~17:00
(土・日・祝日を除きます)